7月

08

お彼岸にはご先祖様の墓石のクリーニングをします

Posted by : Wilson Cham | On : 2009-10-09

私の家は仏教徒の家系です。しかし最近の若者によくあるように、私は特に信心深いわけでもなく、それどころか普段は宗教には無関心です。また、日本人のおかしなところとよく取り上げられる、正月には神社に初詣に行き、バレンタインやクリスマスにはキリスト教由来の祝日に浮かれ、大みそかにはお寺で除夜の鐘をつくといった行為もします。そのような状態ですのでめったに寺や墓所にもいきませんが、一年に数回は墓参りをして、ご先祖様の墓石をきれいにクリーニングします。


この話をすると、若いのに信心深い人ですねなどとよく言われますが、私は別に宗教的信仰心からご先祖様のお墓参りをして墓石をきれいにクリーニングしているわけではありません。ただ、小さい時から私をかわいがってくれた祖父母が眠っているお墓ですので、時々は様子を見に行って墓石が汚れていたらきれいにクリーニングしたいと、自然と考えるようになっているだけなのです。最近は色々と忙しくなりあまり頻繁には行けませんが、それでも年に三回は墓に参っています。


その三回の時期とは、春のお彼岸と秋のお彼岸、そしてお盆です。この時期はちょうど祝日や夏休みで墓参りがしやすいですし、小さいころは亡き祖父母に連れられてこの時期にはよくお墓参りに行ったものです。また墓所に行くとこの時期は墓石に水をかけてきれいにクリーニングしているお参りの人をよく見かけます。小さいころかわいがってくれた祖父母が眠っていると思うと、この三回の墓参りだけは続けたいと思いますし、墓石をクリーニングする手にも力がこもります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です